金魚草の種まきと発芽

育苗日記

金魚草(パレードミックス)
9月16日に種まきをしました。

こちらの種です。

100本の苗ができるようです。
私の場合・・・うまくいけばですね。

150粒以上の種が、入っています。
200粒くらいかな。

 

種の数が多いので、ピートバンと種まき用土の2つに分けて種まきをしました。

ピートバンは、いつも通り簡単に種まき終了。

サカタのタネ ジフィー ゴールデンピートバン FH-180アマ用 (楽天市場)箱の裏に使い方が載ってます。

それから、もう一つの種まき用土は、卵パックを使用しました。

パックの蓋2枚を重ねます。

片方のパックには、穴を開けます。

1つの凹みに対して、穴を5か所開けました。
爪楊枝の穴が丁度いいですね。

先に待ち針で小さく穴を開けておくと爪楊枝が通りやすいですよ。

簡単!すぐに出来上がり。

 

このパックに種まき用土を入れ、最初に水をかけてから種をまきます。

種まき後は、霧吹きで水をあげます。

 

種まき7日後

9月23日

ピートバンの方です。
もうすでに、幾つか発芽しています。

 

さすがピートバン!

で種まき用土の方は

・・・・・・・・・

ジャジャ~ン。

 

ちゃんと発芽しています。

 

底面給水の水やりですが
結構、水が必要なのが良く分かります。

底の容器に水を入れ
(土が乾いている時は、凹みの半分以上の高さまで水を入れます。)

2枚重ねると、音をたてながら土が水を給水していきます。

足りない時は、そっと上から水をあげて下さい。

底をトレーに変えると水やりが楽です。

 

種まき16日後

順調です。
小さい本葉が見えてきました。

特に、こちらの種まき用土の底面給水の方が発芽率も良いです。

金魚草は、こちらの育て方が好きなのかな。

種まきには、ピートバンが一番良い!
と思っていますが、こういう事もあります。

 

後で反省ですが、ピートバンは日に当てすぎたかも・・・。

種の蒔き方や、ちょっとした環境の違いによって発芽の様子が変わってきます。

 

金魚草の続きはこちらからどうぞ。

金魚草の移植と虫 種まき3週間後
これまでの金魚草はこちらからどうぞ。 金魚草の移植と虫 種まき3週間後 9月16日に金魚草の種まきをしました。 種がたくさんあるので、ピートバンと種まき用土に分けています。 それから3週間後です。 10...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました