金魚草の摘芯 種まき10週間後

育苗日記

これまでの金魚草はこちらからどうぞ。

金魚草の遅い発芽 種まき6週間後
これまでの金魚草はこちらからどうぞ。 金魚草の遅い発芽 種まき6週間後 金魚草の種まき6週間後です。 10月28日 ピートバンからポリポットへ移植した時に、小さい芽は残していました。 発芽していないのも沢山ある...
スポンサーリンク

金魚草の摘芯 種まき10週間後

種まき10週間後

11月25日

苗の成長具合で分けています。

 

まだ小さい苗もありますが

こちらは、成長の早い苗です。

 

こちらの苗は、わき芽が大きくなってきました。

種袋の裏の育て方を確認すると、本葉2~3節で摘芯すると分枝が多くなると書かれていました。

この時期に摘芯をするんだ~。

ビックリ!

 

それから、茎が伸びてきたら支柱が必要になるようです。

困ったな。

支柱が数本しかない。

摘芯した方が、草丈は抑えられるかな。

 

摘芯の場所が分からないので、お店の金魚草を見に行きました。

ん~。

種類が違うのかな?

売られている金魚草の草丈は、20cmくらいで開花中でした。

摘芯を確認できる苗もあれば、そのままの苗もあるようです。

更に分からなくなってきました。

 

ひとまず、成長の早い苗の摘芯に挑戦です。

勇気がいるな。

 

こんな感じでいいかな。

 

既に、根元から新しい芽が伸びているのもあります。

摘芯をした先の部分は、もしかして・・・を期待して

 

挿し芽をしてみました。

どうかな。

この後が、どの苗も気になります。

 

金魚草の続きはこちらからどうぞ。

金魚草のわき芽が伸びてくる 種まき12週間後
これまでの金魚草はこちらからどうぞ。 金魚草のわき芽が伸びてくる 種まき12週間後 種まき12週間後 小さめの苗は そのままにして成長の早い苗から順に摘芯をしました。 摘...

コメント

タイトルとURLをコピーしました