朝顔の採取した種と、覆輪あさがお 種まきから1ヶ月後まで。

育苗日記

夏の花といえば、直ぐ思い浮かぶ花の1つ。

朝顔。

小学校でも、授業で育てているところが多いのではないでしょうか。

随分と前なので、何となくですが・・・。

私も、育てた記憶があります。

 

その時の、こぼれ種でしょうか。

今も毎年、実家では朝顔が咲いているんですよ。

 

昨年の夏の終わりから、実家に帰る度に朝顔の種が目に入っていましたが、そのままにしていました。

 

11月5日

遅い開花だったのでしょうが、秋になってもこの状態です。

この種を家に持ち帰り、紙に包んで冷蔵庫で保管していまいた。

 

5月12日

朝顔の種まき時期になりました。

ポリポットに新しい培養土を入れ、指第一関節くらいの深さに種まきしました。

 

1週間後。

朝晩、ちゃんと水やりしましたが発芽しません。

土を掘り返し、種を確認しましたが全く変化がありません。

「朝顔って、簡単に芽が出てくるんじゃないの?」

後になって、調べて分かりました。

朝顔の種は、そのまま蒔いても発芽しにくいので、少し削ってから蒔くといいようです。

知りませんでせんでした。

ひとまず、そのままにして。

 

5月20日

近くのホームセンターで、朝顔の種を購入しました。

蒔いたのは、こちらの種です。

 

数種類の色が楽しめるようですね。

購入した種です。

どれも、端っこが削られています。

欠けてない方の角を削ると、発芽しやすいのですね。

この種を、ポリポットと庭に直まきしました。

朝晩、水やりをします。

 

5月26日

ポリポットの方は、発芽し双葉が開き始めています。

 

庭に直まきの方は

早いです。

もう双葉が開いています。

 

6月14日

結局、育っているのは3つだけです。

 

たくさん発芽したら、育てる場所があまり残っていないので、何処に植えようか考えていましたが、その必要はありませんでした。

 

6月18日

我が家では、採取した種から芽が出ないので、実家から苗を持ち帰ってきました。

ここからなら、我が家でも育ってくれるでしょう。

 

6月24日

購入した種の発芽から、約1ヶ月後です。

 

6月30日

葉が大きくなってきました。

つるも、伸びてきました。

そろそろ、支柱が必要ですね。

 

朝顔の続きはこちらです。

朝顔 採取した種から発芽まで2ヶ月かかりました。
これまでの朝顔はこちらです。 朝顔 採取した種から発芽まで2ヶ月かかりました。 7月6日 購入した種から、発芽し育っている朝顔。葉が随分と大きくなり、つるも伸びてきました。 それから、今頃になってビッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました