ペチュニア 挿し芽で増えました。

育苗日記
スポンサーリンク

ペチュニア 挿し芽で増えました。

9月17日

凄く寂しい状態になっていますが、まだまだ開花が続いています。
思っていた以上に強い花です。

貧弱になってしまったものの、小さな新芽が次々と出て来ました。
確か、この花は1年草だったと思うんですが・・・。

綺麗な花のうえ、生命力の凄さにビックリです。

春に種まきした方は、まだまだ開花中です。

 

先月、9月にペチュニアの挿し芽をしました。

茎の長いものだけではなく。

茎の途中に出きた小さな新芽も1つず切り離して挿し芽にしました。

8月に比べると随分と涼しくなりましたが、日によっては気温が高くなるので日陰に置きます。
日陰でも水は、毎日あげます。

先日、ペチュニアは数日で根が出てくることを確認しました。

カットして土に挿しただけですが、成功するでしょう。

3週間後

大分、根が出ているはずです。

この内の1つを取り出します。

やっぱり、新しい根が出ています。

こちらは、もっと凄いです。

 

でも、全部挿し芽が成功してはいません。

一部だけ成功ですね。

こちらの挿し芽は、古い土を使いました。

根は出ているようですが、葉の色が良くないです。

それに、別の古い土のプランターでは、土に埋めているはずの茎の部分が無くなっていました。

おかしい。

土を掘ってみると・・・。

やっぱり・・・。

しかも、ちょっとほっただけで根元辺りに2匹も発見しました。

これ、コガネ虫の幼虫ですか?

やっぱり、新しい土で挿し芽をするのが良いようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました