ペチュニアの採取した種まき。9月の種まきから開花まで。

育苗日記

これまでのペチュニアはこちらからどうぞ。

ペチュニアの切り戻しと種を採る
これまでのペチュニアはこちらからどうぞ。 ペチュニアの切り戻しと種を採る 綺麗に咲いていたペチュニアを、そのままにしていたら大変な事に・・・。 すでに、沢山の種が出来てしまいました。 本当は、...
スポンサーリンク

ペチュニアの採取した種まき。9月の種まきから開花まで。

9月の種まき。採取した種から発芽しました。

8月に採取した種をデージーの横に蒔いてみました。
種は、凄く小さいです。

種まき日は9月10日です。

自分で採取した種から、幾つか芽が出て来ましたよ。
やった!

いつも以上に嬉しいです。
もっと芽が出てこないかな~。

うまくいけば、来年の春には開花するはずです。

 

種まき3週間後

右がペチュニアです。

アップすると

成長に差がありますが、これは数種類の種を蒔いた為だと思います。

こんなに発芽するなら、おそらく採取した種の殆どが発芽可能だということですね。
安心しました。

種まき4週間後

種まきし過ぎたのか、本葉が大きくなり込み合っています。

 

早速、移植です。

なるべく、根が切れないように1本ずつ丁寧にほぐしていきます。

移植作業終了。

親のペチュニアと同じ花が咲くのか分かりませんが、すごく楽しみです。

種まき8週間後。冬越し前に成長しました。

こちらは、まだ開花中のペチュニアです。

種まき8週間後

少し大きくなりました。

 

種まき9週間後

急に成長し、更に大きくなりました。

花芽も見えます。

もしかして、年内に開花する?

種まき10週間後

朝は、特に寒いです。

年内は、このポリポットのままで冬超しの予定でしたが、窮屈そうな苗が幾つかあります。

ひとまず成長が早いのを6個、一回り大きいサイズのポリポットに移植しました。

残りは、少しずつ様子を見ながら移植します。

種まき12週間後。花芽が伸びてきました。

成長の早い苗から順に、一回り大きいサイズのポリポットに移植しています。

思っていたより、沢山の苗が大きくなっています。

少し、花芽が伸びてきたようです。

良く見ると葉の付け根から、小さい脇芽が出てきています。

ここから更に花芽が増えていくのを期待して、この脇芽の直ぐ上を摘み取っていきます。

 

こちらは、少し小振りの苗です。

多分

この種だと思います。

種まき16週間後。わき芽。

成長が早く、昨年の11月頃までに苗がどんどん大きくなってきたので開花が始まるのではないかと期待をしていましたが、12月に入り気温が低下し始めると同時に苗の成長も止まっているようです。

 

花芽を摘んでいたところです。

芽が増えて来ました。

けれども、気温が低いせいでしょう。

まだ、芽が小さいです。

それから、開花中のペチュニアです。

こんなに寒い時期でも、この白のペチュニアだけ枯れる気配がありません。
寒さに強い苗も、あるようですね。

こちらは、以前挿し芽をしていたペチュニアです。

まだ枯れずに残っている内の1つです。

このまま冬越しを期待しています。

種まき20週間後。冬越し。

寒い日が続くなか、冬越し中のペチュニアです。

小さい苗のほとんどは、成長をストップしています。

昨年も、同じ様に冬越しをしました。
昨年の冬は、あまりにも苗の成長に変化がなく小さな苗のままだったので、育て方に問題があるんだと思っていました。結局、暖かくなると一斉に成長が再開し、枯れてさえいなければ大丈夫だと後で分かりました。

今年の冬越し苗は少し違います。
早目に種を蒔いた分、大きくなっている苗が幾つもあります。

その大きめの苗は、冬越し中の今でも少しずつ成長しているようです。

花芽が増え

花茎も伸びてきました。

種を採った後、直ぐに蒔いて正解でした。
苗を成長させてからの冬越しの方が、弱ってくる苗が少ないです。

どうしても、小さい苗は寒さに耐えきれないのでしょう。
幾つか、枯れてしまいました。

それから、秋に挿し芽をした苗です。

小さかった挿し芽が、大きくなり

根元に沢山の新芽が、待機をしています。

 

こちらも、挿し芽です。
どの挿し芽も、暖かくなると一斉に大きく成長しそうです。

種まき5ヶ月後

2月末になりました。冬越しも終えようとしています。

黄色の葉の苗も育てていますが、あまり強くはないようです。

 

どうしても、枯れていく苗が目立ちます。
ここまで育ちましたが、諦めた方が良さそうです。

天気の良い日は、最高気温が10℃を超えます。
そろそろ、ペチュニアの過ごしやすい時期になってきました。

成長途中の苗もありますが

こんなに、大きくなった苗もあります。

蕾が膨らみだすのも、もう間近です。

葉が数枚だった挿し芽も
こんなに大きくなりました。

 

こちらは、昨年の春まきペチュニアです。

寒波が来ても、凄いです。
開花しながら冬越ししました。

まだまだ、楽しめそうです。

種まき6ヶ月後

3月22日
グングンと、苗が大きくなってきました。

昨年、種から育てたペチュニアから採った種を育てています。
ここまで大きくなりました。

3種類のペチュニアの種が入り混じっているからでしょう。
葉の形や苗の状態を素人の私から判断すると、何種類もあります。

いつのまにか、急に蕾が膨らみ始め、あっという間に開花間近です。

ここまで育つと、期待しても良さそうです。
他の蕾も、どんどん大きくなっていきます。

 

3月26日

やっとで、開花しました。
嬉しいです。

どちらも、昨年育てたのと同じ色のペチュニアです。

沢山の蕾も、確認出来ます。
これから、更に楽しめそうです。

種まき7ヶ月後 親と違う花が咲きました。

まだ、花壇にはパンジーやビオラの冬の花が開花中ですが、早くも次の花が咲き始めました。

昨年、9月に採種まきをしたペチュニアです。
先月の3月から開花が始まりました。

この色は、私のお気に入りの1つです。

本当は、紫色の花が好きなんですが、このピンクも可愛いですよね。
苗の数が少ない色だったので、気になっていました。
僅かですが、昨年と同じ色の苗が育ってくれて嬉しいです。

それから、採種まきですが親と違う色が咲いています。

こちらは、白ですが薄くピンク色が入っています。
それに、花の大きさが違います。

冬越ししたペチュニアと並べてみます。

手前下が、今年の苗です。

随分、小さいです。

こちらは、

ちょっと、フリルが増えた感じ

白の入り方が大きい

3色?
しかも、1つの苗から違う色の花

こちらも、1つの苗から2色咲き

親と違う花が咲くのも、楽しみになってきました。
採種まきも良いですね。
この苗が、育つとどうなるのでしょうか。
気になります。

それから、寒くなり枯れかけていた苗も

春になるにつれて、グングン大きくなり、昨年より大きな苗になってきました。

こちらも、残していた苗です。

苗というより株ですね。

昨年、取り除いたペチュニアが沢山ありましたが、勿体無いことをしました。
全部、そのままで良かったようです。

本当は、同じ場所にペチュニアを植えると良くないと聞きますが、これだけ元気に育ってくれるのなら、あまり気にしなくてもいいような気がしますね。

 

ペチュニアの続きはこちらからどうぞ。

ペチュニアの春の切り戻しから満開まで
4月5日 冬を越し、2年目のペチュニア。 種から育てて、かなり楽しんでいます。 これからしばらくすると、花が枯れてきたので切り戻しをしました。 初めて切り戻しをする時は、思い切りカットするので勇気が必要ですね。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました