チューリップ 2年目の球根

育苗日記

2年目以降のチューリップの球根は、植えても意味がない物だと思っていましたが違うんですね。

昨年、チューリップの咲き終わった後の球根を掘り起こしてベランダの日陰で保管していました。
保管といっても、ただの放置です。

12月の中旬

いつの間にか、芽が出てきています。
チューリップの球根を植える時期がきていました。

チューリップは、寒い冬を越さないといけません。

早速、プランターの空いているところに植え付けました。

少し芽が出ているので

こんな感じに植えました。

それから、2週間後

芽が出てきました。

1月中旬

更に芽が伸びてきました。

本当は、球根をばらした方が良かったようです。
そのまま植えてしまいました。

小さい球根は捨ててしまいましたが、勿体無い事をしてしまいました。

それも植えると良かったようです。

小さい球根は、葉だけで終わったりしますが、そのうち大きくなってくるようです。

今回植えた2年目の球根も、昨年の植え付け時と比べると、かなり小さくなっています。
今年は、どのようになるのでしょうか。

新しい球根は、購入せずに様子をみていきす。

 

チューリップの続きはこちらからどうぞ。

チューリップ 2年目の球根の開花
2月中旬 少しずつ、葉が出てきました。 3月13日 一気に成長し、あっという間に大きくなりました。 蕾も確認出来ます。 数日後 花茎が伸びて、うっすらと色づいてきました。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました