シクラメンの種を採る

育苗日記
スポンサーリンク

シクラメンの種を採る。

春まで咲いた、綺麗な白のシクラメン。

開花後、幾つか萎れた花を、そのままにしていました。
花弁が落ちた後には、小さく丸くなった部分だけが残ります。
そこが、種の出来る場所です。

その茎の先の丸くなった部分が、段々と丸く大きく膨らみ始めます。

そのまま暫く、水やりを続けます。

すると次第に、太かった茎が萎れてきます。
茎が枯れたと同時に、種の袋が裂けて、中の種がちらっと見えてきます。

完全に茎が、枯れてから

やっと、種を採取しました。

一番最初に茎が萎れたのがこちらです。
球根にくっついていたのを、茎の根元から外しました。

中には、種が約30粒入っていました。
大きさは、バラバラです。

中が少し湿っていました。

種を採る時期が、早すぎたかな~。

色は、茶色です。

様子をみていますが、色が変わる気配はありません。

数日経って同じ球根から、もう1つ種を採取。
やはり、同じくらいの数が入っています。
次の種の色は、黒です。

上の黒い方は、ガーデンシクラメンの種です。
同じ様に採取しました。

ガーデンシクラメンの種は、普通のシクラメンより少し小さめですが、数は沢山入っていました。その花にも、よるのかもしれません。

1つ、球根から茎を外す時に、種がはじき出てしまいました。
(もったいない。)
そっと、気を付けて外します。

現在のガーデンシクラメンです。

半日陰の所に置いています。

シクラメンの方は、葉が全部枯れてしまったので、日陰で暫くお休みします。

調べると、シクラメンの種まきは、10月が良いようです。
涼しくなってからですね。

という事ですが、それまで待てない私は、7月22日に、少しだけ水に浸けちゃいました。
発芽まで1ヶ月もかかるようです。
普段は、新聞紙を掛けて暗くしています。

ん???

アップすると

ちょっと変化が・・・。
白いものが見えます。

このまま順調にいきますように。

 

シクラメンの続きはこちらからどうぞ。

シクラメンの種まき。採った種から育てる。
これまでのシクラメンはこちらからどうぞ。 シクラメンの種まき。採った種から育てる。 7月にシクラメンの種を採取し、7月22日にその一部をしばらく水に浸けていました。 シクラメンを種から発芽させるには暗い場所が良いようです。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました