キンセンカ(カレンデュラ)の種まきと発芽。

育苗日記
スポンサーリンク

キンセンカ(カレンデュラ)の種まきと発芽。

春に、出先で撮った写真です。

和名:キンセンカ(金盞花)

学名:カレンデュラ

学名:ポットマリーゴールド

名前が色々あります。

花も大きくこんなに綺麗なのに、丈夫で育てやすいようです。

早くから、秋まきで育てることを決めていました。

種は通販で購入しました。

こちらの種です。

あれ?

写真のと種類が違った。今頃気付きました。

袋から種を出します。

大きめの種が沢山入っています。

寒地では春まきでもいいようです。

ここ福岡は暖地になるので、春まきは難しそうですね。

 

早速、種まきです。

9月8日

9センチのポットに2~3粒ずつ種をまき、発芽後に1本に間引くと良いようですが、ベランダのスペースと土の都合により約半分くらいの種を5・5cmの小さいサイズのポリポットに、1粒ずつ種まきしました。

土は新しい培養土を使用しました。

発芽まで半日陰に置き、朝晩2回の水やりです。

9月11日

早いです。

種まき3日後から発芽が始まりました。

9月16日

大きな双葉が開いています。

種を注文したのが遅くなったので、手元に届いたのは最近です。

届いて直ぐに種まきをしましたが、発芽は全体的に揃っています。

発芽率は60%以上とありますが、80%以上です。

9月22日 種まき2週間後

本葉が少し出て来ました。

どの苗も順調です。

10月8日

種まき1ヶ月後

全体的にふにゃと倒れていますが、台風のせいだけではない気がします。

日陰に置きすぎかな~。

涼しくなってきたので、日当たりの良い場所に移動です。

それから、害虫に葉を食べられているようです。

オルトランをまき、ベニカスプレーを使用しました。

それから、ポリポットに種まき後、直まきもしました。

使用済みの土が入ったプランターに30粒と庭に20粒です。

プランターは5本ぐらい発芽した後、食害に遭い全滅しました。

先に種まきした方の発芽率が凄く良いので、使いまわしの土にそのまま種まきしましたが、やっぱりダメでした。

庭に直まきの方は、20粒の内6本発芽。

その内の4本、頑張ってます。

キンセンカの続きはこちらからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました