プリムラ・ジュリアン苗から育てる

育苗日記
スポンサーリンク

プリムラ・ジュリアン苗から育てる

11月 苗を購入しました。

毎年、冬になると見かけるプリムラ・ジュリアン。

この花を種から育てたかったけど、探し方が悪いのか見つけられませんでした。

2018年11月中旬

結局、苗を購入しました。

どの色にするか迷いますね。

8ポット購入し、プランター2つに分けて植えました。

直ぐに窮屈になりそう・・・。

花がらを摘む

11月22日

花がらを早目に摘み取っていくといいようです。

良く見えるベランダに置き、弱ってきた花を茎元から摘み取っていきました。

あっという間に花が少なくなってきました。

液肥をあげ、日当たりの良い場所に移動です。

 

12月19日

次の蕾が一気に膨らんできました。

一安心。

 

12月24日

花がらを摘みそびれてしまいました。

種が出来るのかな?

幾つか、このままにしておきます。

開花期間は長く、来年の4月頃まで続くはずです。

欲張りながら、これから花を楽しみます。

最近気付きましたが、プリムラ・ポリアンタという種が売られていますね。

写真を見た感じでは、プリムラ・ジュリアンと同じ花です。

でも、5~6月に種を蒔いた後、夏越しをしないといけないので、暖かい地域での育苗は難しいかもしれません。

冬 見頃になりました

2019年1月7日

購入した時よりも、花数が増えボリュームが出て来ました。

 

1月9日

他の苗も花がらを摘み取った後、しばらくすると蕾が膨らみ始めました。

1月14日

一気に開花です。

この調子なら、次から次へと可愛い花を咲かせながら育てられます。

 

2月4日

植え替えました。

購入した時より倍以上の大きさに育っています。

花数も増えました。

春まで、まだまだ楽しめそうです。

春になり枯れ始める

4月7日

 

冬の間、開花していたプリムラ・ジュリアン。

春の暖かい日が続くと、どんどん苗が枯れていきます。

日当たりの良い場所に植えていた苗は、特に弱ってきたので、プランターに植え替え日陰に移動しました。

「種が採れるといいなあ。」なんて思っていましたが、それどころではない状態です。

 

4月17日

まだ元気な苗は、半日陰の庭の隅っこに移動しました。

これからもっと暑くなるのに、この後育てられるかな。

 

この後直ぐに、枯れてしまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました