日日草 採取した種から育てる。5月の種まきから開花まで。

育苗日記
スポンサーリンク

日日草 採取した種から育てる。5月の種まきから開花まで。

種まき

日日草は、夏の間でも次から次へと花が咲き、とても丈夫で育てやすい花です。

種も、どんどん出来るのですが、この種から育てた花はどんな花が咲くのでしょうか。

昨年、購入した苗から採取した種です。

発芽適温は20℃~25℃。

気温もあがり、そろそろ種まき時期です。

5月6日に種まきしました。

土は普通の培養土を使用し、種が隠れる程度の土をかけました。

置き場所は半日陰です。

5月19日

全部で20粒くらい蒔きましたが、発芽率は半分以下です。

数本、葉が無く茎だけになっています。

ベランダの床に置いていたので、発芽後直ぐに食べられてしまったみたいです。

 

5月28日

葉が少し大きくなり、本葉も出てきました。

日日草は移植が苦手のようなので、土を崩さないようにプランターに移植しました。

種まき1ヶ月後

6月9日

種まき1ヶ月後

移植後も無事です。

本葉2つい目が出て来ました。

6月26日

本葉が、6~8枚になったら摘芯をする予定です。

もう少しかな。

摘芯

7月2日

葉が大きくなり枚数も増え、本葉6枚と、小さい葉が上に2枚です。

 

上の2枚の葉を手で摘み取り、摘芯をしました。

これで、わき芽が育ってくるはずです。

開花

7月9日

摘芯後、あっという間にわき芽が育ってきました。

7月24日

1輪開花しています。

花の大きさは少し小さい気がしますが、色は昨年と同じ色です。

苗が大きくなってきたので、幾つか庭に植え替えました。

8月3日

次々と開花が始まりました。

日日草は暑いなかでも丈夫です。

 

9月11日

種まき4ヶ月後

たくさん開花中です。

小さめの苗もありますが、採取した種から育てた甲斐は十分にありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました