ケイトウ(キャッスル)の種まきと発芽

育苗日記

これまでのケイトウはこちらからどうぞ。

ケイトウ こぼれ種から
たまに植えた覚えのない花が咲いているがことがあります。 どこからか、種が運ばれてきたのでしょう。 突然のお客様も大歓迎です。 梅雨明け、植木鉢をふと見ると・・・。 小さい双葉が沢山。 つい最近まで、...
スポンサーリンク

ケイトウ(キャッスル)の種まきと発芽

どこからか運ばれてきたケイトウの種。
芽が出て成長し、夏を過ごしたケイトウを見て次に育てるのを決めていました。気温の高い夏でも、鮮やかな色を保ってくれます。
色も沢山ありますね。
多粒蒔きでも売られていますね。一緒に沢山植えるとカラフルで可愛いです。
という事でケイトウの種まきです。

4月18日
蒔いたのは、こちらです。

 

光沢があり、まるで黒いビーズの様です。

凄く小さい種で、どれくらいの数があるのか分かりません。
種の袋に、苗の出来るおよその数が200本と記載されていますが、その倍くらいの種が入っていると思います。

蒔いた場所は、食品の空きトレーと直まき2か所です。

4月29日
数日前から発芽が始まっています。

こちらは、食品の空きトレー

土は、ピートバンと種まき用土の混ぜた物。

どちらも、使用済みの土です。
その上から、湿度と温度を保つため、軽くラップをかけていました。

プランターの直まきは、まだ発芽が始まっていません。

5月4日

 

昨年、過ごしたケイトウの鉢です。

チロリアンデージーの葉の下に隠れていました。
きっと、こぼれ種からの発芽ですね。
今年、種まきしたのと葉の色が少し違います。

 

5月17日

 

やっと一部に、本葉が出て来ました。

途中、日に当てすぎて土が何度も乾いてしまい、発芽がストップした感じがします。

それから、プランターの直まきの方です。

開いているスペースに種を蒔いていましたが、いまだに変化はありません。

こちらの方は

 

土は、新しいプランター用の土です。

少し気温が上がってきた為でしょう。
やっと、発芽です。

 

ケイトウの続きはこちらからどうぞ。

ケイトウ(キャッスル)の開花
これまでのケイトウはこちらからどうぞ。 ケイトウ(キャッスル)の開花 種まき6週間後 6月3日 成長の早い苗は、本葉4枚になりました。 けれども、早々にポリポットへ移植したケイトウの苗の殆どが枯れてしま...

 

コメント

  1. みどりのしずく より:

    それは、凄い(^^♪
    きっと、美味しさも2倍でしょうね。

  2. 山P より:

    おはようございます。暑いですね~💦
    実はビワですが、7~8年くらい前に食べた実の種を花壇に植えて、今年初めて花がさき、実がついたんです😃福岡から送ってもらったビワです(^^)d

  3. みどりのしずく より:

    こちらに、来て頂き有難うございます。
    ホウセンカは、ちょうど見頃ですよね。
    それに、ビワの発芽は凄いですね。
    実がなるまで、楽しみが長~く続きますね。
    頑張って育てて下さい。
    そして、こちらで報告を聞く事が私の長~い楽しみです。

  4. 山P より:

    ブログ復活🎵お待ちしてました✨
    わが家ではいま、てきとーに蒔いていたホウセンカが咲いていて、毎日楽しんでいます😃
    さらに、ビワを食べた後に植えていた種が発芽しました‼️花がさき、実がなるのは7~8年後ですが、気長に育てていこうと思ってます(^o^)

タイトルとURLをコピーしました